Urban Cabin Institute
Urban Cabin Institute
6.JPG

都市間競争の時代

 
 

脳-都市、アート、イノベーション

300万年前、森から出て脳が発達したのか、脳が発達して森から出たのか、ヒトは都市に向けて歩みだしました。

発達した脳は「発明の才能、芸術的創造、複雑な道具を使いこなす」という特質を人間にもたらしました。

ホモサピエンスよりも脳容量が多かったネアンデルタール人は「新たにものを生み出す能力=イノベーション」を持たず、姿を消しました。

ホモサピエンスは独自の資質であるイノベーションによって大都市を築き上げ、アートを生み出しました。

イノベーションに熱心な企業は、イノベーションに熱心な都市を選び、新たなつながりで価値を高めています。

都市の磁力を高める

21世紀に入り都市がメガシティ化し都市間の競争力が国の力に影響を及ぼすようになりました。都市の生産性を高める知恵を持つビジョナリー、クリエイティブな経営者、研究者、アーティスト、観光客、企業を世界中から惹きつけ、都市が衰退しないように活性化しないといけないのです。

都市の成功は人的資本あってのもので、多くの小企業と高技能市民がたくさんいることで栄えるといいます。そして、いい未来、新しい知恵、新たな思考、新しい価値は異分野の人との出会い、交流から生まれるとも。

人間の本質的な特徴はお互いから学ぶことで、ヒトという生物種は主に、仲間の人間が放つ聴覚や視覚や嗅覚的なヒントから学ぶことだと言います。

人類は他の人から実に多くを学ぶので、あいつできるな、できないな、と感じながら、競争することは大事ですし、どのように解釈し咀嚼しているかを感じて相互に学び合うことは、もっと大事なのです。

教育の高い労働者、小企業、異なる産業同士の創造的な交流。最も成功した起業家たちは、複数の産業からくるアイデアを融合させているのです。

DSC_4677.JPG

成功する都市となるためには

賢い人々を集めて、彼らが協力して働いたり、

交流する場が必要です。

 

デジタル化の進展で同質化が進む中、他の都市との大きな差別化を作り、競争力を高める唯一最高の方法は、有能な人々をひきつけて訓練する学校をつくることと言われ、urban cabin instituteを設立しました。