Urban Cabin Institute

Urban Cabin Kamakura

Urban Cabin Institute
Urban Cabin Kamakura

明治以降、鎌倉は華族や政財界などの別荘地として洋風文化を取り込み、近代の市中の山居として、和洋折衷のライフスタイルを発展させてきました。

山と緑がある鎌倉は内外から人を惹きつけ、面白法人カヤックをはじめとするIT企業が鎌コンと呼ばれ独自の文化を発信したり、山と海という親和性からパタゴニア、ヘリーハンセン、ヴァーヴコーヒーといった海外ブランドも活動をしています。

東京という都会のライフスタイルを好みながらも都市生活に疲れた人がサーフィン、土とのふれあいを求めて、また、子育て世代が子供にのびのびとした環境をということで移住してくる人が増えています。

一方政府の後押しによるインバウンド増は、渋滞、騒がしさを生み、鎌倉のまちづくりが外部からの受け入れによって変わってきています。

Urban Cabin Instituteは「地域振興において一番重要なのは、今そこに住む人々の『くらし』である。」と考え、「くらし・ライフスタイル」の質を高める活動を行います。外部の要因に引きずられるのではなく、外部への対応も含めたプログラムにしたいと考えます。

鎌倉らしさ=ライフスタイルの魅力こそが、内外の人に愛され、世界中から創造的な人とアイディアを集める根幹ですから、 「住民」の生活の質をさらに向上させていくべきだと考えます。地域創生も生活の質の向上からなのですから。

Think Weekなど、自分を高めるユニークな体験、 意味あるお金と時間の使い方を求めるビジョナリーがいます。

住民が誇りを持って世界にのぞめ、世界のリーダーが訪れたい滞在したい町になっていくことを目指します。


2019年3月10日開催 名月会withパラダイスアレイ

2019年7月27開催予定 鶴田真由朗読会 意識を変換するクラビーコード演奏内田輝と共に



IMG_20190424_123707.jpg